ラジオロマンス視聴中(ネタバレあり)


キム・ソヒョンとユン・ドゥジュン(Highlight)出演のラブロマンス。「ごはんに行こうよ!」ですっかりお気に入りになったユン・ドゥジュンくんは、CUBEエンターテインメントから事務所移籍のゴタゴタでグループ名をBEASTからHighlightに変更したり。と、もうドラマで見られないのではないかとヒヤヒヤしていましたが、無事ドラマ復活。

脚本はちょっと雑で「ありえないよね…」という展開だったりしますが、初恋もの好きの私には十分楽しめる内容。毎週楽しみにしています。


舞台はラジオ局。放送作家ソン・グリム(キムソヒョン)とトップスターのチ・スホ(ユン・ドゥジュン〈Highlight〉)、破天荒なラジオPDイ・ガン(ユン・パク)の恋愛三角関係物語。

家族なのにどうして
ラジオロマンス

個人的にはガンPDのような変わり者の自由人が好きなのでワクワクして情報眺めていたら、ガンPD役のユン・バクさんは「家族なのにどうして」でパクヒョンシクのお兄さん役をしていたチャ・ガンジェ役をしていた人だったんですね。ビシッとした白衣やスーツ姿のイメージしかなかったのでギャップに驚きました。「むやみにせつなく」「帰ってきてダーリン」は見ていて気が付かなかったし、「恋するパッケージツアー」、「内省的なボス」、「青春時代」とずっとドラマに出ていたようですが、最近の作品はどれも見逃していたんです。

もう一人思わず目がいっちゃうイケメン俳優といえば、スホの友人兼主治医ジェイソン役クァク・ドンヨン。最近、BSで放送した「雲が描いた月明り」でも出てました。「雲に描いた月明り」のロケ現場で生で見た記憶がある数少ない俳優さん。

なんと先月、日本でファンミーティングやったんですね。子役出身でキャリアは長いとはいえど主演はまだのはず。「雲に描いた月明り」人気恐るべし。

 

ジン・テリ役(ユラ(Girl’s Day))はムカつく女役だけど、超美人。

 

 

 

とても気になったのは、最近私が見たほとんどのドラマの子役で出てくるナム・ダルムくん。他に同年代の子役はいないのか?と思えるほど高校生ぐらいの子役を一手に引き受けている感じ。とにかく演技が上手なイケメンなので主演のキム・ソヒョンやクァク・ドンヨンと同じように成長していくのでしょうか。将来が楽しみです。




Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

投稿者:

こてつ

2013年より見始めた韓国ドラマ。胸がきゅんきゅんする新しいロマンス&ラブコメを中心に見ています。塩顔イケメン大好き。ハングルがスラスラ読めないので、不定期に人物相関図に日本語をつけて遊んでます。